top of page
瓦屋根

瓦屋根防水工事/補修

​大切にしていきたい瓦屋根の家

防水・補修

赤瓦屋根の家並みは、沖縄の原風景です。沖縄に観光に訪れた方たちは、この赤瓦屋根の家を見ると「沖縄に来た!」と実感するのではないでしょうか。

先人たちから引き継いだ赤瓦屋根の家を次の世代に「引き継ぎたい」そう思う方もいると思います。

 

昨今では、古民家を改装し、カフェやレストラン、宿泊施設として利用する方も増えてきています。

​特に、沖縄県外の方が赤瓦屋根の古民家住宅を綿密な調査をせずに、中古物件として購入した場合は、住んだ後や事業後に雨漏りが発生してしまったり、台風で被害が大きくなったりするケースもあります。

赤瓦屋根はしっかりと防水や補修をすることで長持ちさせることができます。

瓦の防水

瓦屋根工事の流れ

高圧水洗浄

高圧洗浄

コケや汚れを高圧水洗浄で落としていきます。今まで気づかなかった、ヒビ割れなどが見えてきます。

​瓦の補修 

補修

モチのヒビ割れや瓦の傷んでいる箇所を補修します。補修をせずに、防水材を吹いてしまうと防水材を痛めてしまう原因になります。

プライマー塗布

プライマー

瓦・モチと防水材の密着強度を高める為の接着材を塗布します。プライマーとモルタルを混ぜて塗布します。

吹き付け防水 

吹付防水

防水材を基準の2㎜厚まで吹きます。30秒で歩行が可能になるほど迅速に乾燥します。樹脂ウレタン100%使用で、長期間にわたり肉やせすることなく強度も備えます。

トップコート/ポイント塗装

トップコート

遮熱塗料の仕上げ材を塗布します。赤瓦の美観を損なわないように、部分的に塗装することが可能です。遮熱効果を高め、防水材の寿命を延ばすために保護する機能を持っています。

Before

Before

After

After

お見積り・現地調査・診断・プランのご提案は無料!!

1

2

3

4

現地調査・現状確認

プラン相談・確認

お見積り作成・提出

商談・契約

4.png
3.png
2.png
1.png

建物の現状と下地の状況確認
お客様の要望をお聞きします

現状に適した工事内容や
使用材料をご提案します

ご予算に応じてプランの変更
ご提案の見直しをいたします

いよいよ工事START!

​まずは、ショウルームにお越しください!

お電話でのお問い合わせ

(月-土 9:00-18:00)

​但し、第2・第4土曜日は定休日

​エクステリア・カーポート・アルミ・内装リフォーム・キッチンリフォーム・トイレリフォーム・二世帯リフォームなどの総合リフォームにも対応しております。お気軽にご相談ください。

bottom of page